ズワイガニのむき身で爆発的なヒットを記録したのがコレです!

 

年末には爆発的に売れる評判の激安のズワイガニのむき身が、かに本舗(通販店『匠本舗』 )のカニです。カニしゃぶにはとにかく最適ですね〜。ただお遣い物にするにはちょっとどうかな・・・というところは正直ありますが。ただ自分の家で食べる分には、これだけ安いのですから文句は言えませんよね。

 

 

たしか昨年は上沼恵美子さんが利用しているということを何かから知って頼んでみたのですが、1万円という値段でズワイガニむき身が4キロも届くというのは驚きでした。妹にお中元替わりに贈ってみたのですが喜んでくれましたので身内の贈答なら十分耐えられる品質ではないかなと思います。それと殻がないポーションなのでゴミが少ないのも良いです。個人的にはコレが一番嬉しかったりします^^

 

生本ずわい「かにしゃぶ」むき身満足セット 約4kg
価格: 10,500円(税込)  8千円以上で送料無料

 

>>かに本舗の通販サイトへ!

 

冬の季節に合うカニ鍋。今年の冬に挑戦して、作ってみませんか?

鍋なので作るといっても、あまり大きな作業はありません。まず、蟹をゆっくりと自然解凍しましょう。蟹の味の質を落とさない為です。気長に待ちましょう。そして、蟹をそのまま購入した場合には蟹を裁かないといけません。少し難しくて出来なそうであれば、もう既に加工されている蟹を購入しましょう。加工されている蟹の方が、時間も短縮出来て楽なのでお薦めです。次に蟹の準備が出来たら、鍋に入れたい野菜なども準備します。白菜や白ネギ、豆腐と春菊、えのき茸、人参、椎茸などが一般的です。もちろん、その他にも自分が入れたい具材を準備しましょう。野菜は一口大に切って、飾り切りなども入れるととても素敵に仕上がります。具材の種類によって、それぞれ下準備をしておきましょう。

 

そこから、カニ鍋のメインのだし汁を作ります。その中に蟹と具材を入れたらカニ鍋の完成です。お好みでポン酢や紅葉おろしで頂いて下さい。最後にカニ鍋を食べ終わったら、蟹雑炊にして食べてみて下さい。とても美味しいのでお薦めです。

 

ズワイガニとは

ズワイガニは、脚が細くてスラッとしている美味しいカニです。カニには、毛ガ二、タラバガ二、花咲ガ二などがあり、日本では色々な種類のカニがありますが、もっとも有名で馴染み深いのが、ズワイガニと言っていいでしょう。ズワイガニはまさに、冬の日本には無くてはならない高級食材のひとつです。主に山陰から越前海岸にかけて、日本海側の砂泥地の海底や北海道、そして日本海沿岸など、水深280m〜330m付近で、ズワイガニは生息しています。その産地などで固有の呼び方があり、ズワイガニは、産地により、松葉ガニや越前ガニとも呼ばれています。

 

そして最近では、間人ガ二とか、津居山ガ二とも呼ばれていて、つまり、地名をそのままつけた呼び方がある種のトレンドとなっている傾向にあります。地名を付けて地域や漁協独自のブランド化を計っていることから、ブランドガ二と言われているくらいです。そして、日本国内で水揚げされたズワイガニだけでなく、カナダ、ロシア、韓国、アラスカなどの海外から、毎年数多く、輸入されています。ズワイガニは、一般的には立派な大きさのものがオスで、メスはオスに比べ甲羅も身体も小さいのが特徴です。

 

安くて美味しい、量がタップリのズワイガニなら!
 ⇒ズワイガニ 激安蟹しゃぶ用・ポーションならココです!をご覧ください。

 

かに通販

かに通販ランキング

かに通販

毛がに通販

毛がにランキング

毛がに通販

タラバガニ通販

タラバガニランキング

タラバガニ通販