うにも鮮度を損なうことなく北海道から産直お取り寄せできます!

北海道のウニの通販店人気ランキング

釧路北釧水産

かに通販店「釧路北釧水産」では蟹だけでなく、さまざまな魚介類を取り扱っています。その中でも特に注目したいのがウニです。ロシア産のえぞばふんうにと利尻産のキタムラサキうに、えぞばふん粒うにと3種類のウニが販売されています。季節によって購入できるものが変わってきますが、冬に近くなるとロシア産のえぞばふんうにが最盛期を迎えます。このウニの特徴はなんといってもその新鮮さです。まるで、海岸で見つけたウニをその場で食べているかのような味わいです。なぜロシアから輸送してここまで新鮮な状態で運べるのかというとそこには秘密があります。出荷する予定の朝に剥いたものを塩水につけて輸送しているので新鮮さが長続きしているわけです。特に釧路北釧水産では流通経路をなるべく短く出来るように工夫しているのでウニそのままの味を家庭にお届けできるようになっています。木箱に詰められているものもおいしいのですが、塩水につけて輸送されたものは口の中でとろけるような食感が大きな特徴です。ぜひ、この美味しさを一度味わってみてください。

 

函館浜海道

かに通販店「函館浜海道」で販売されているウニは北海道松前町で獲れるものです。松前町の海岸には粘りの強い細目昆布というものがたくさん生息しています。栄養たっぷりなこの昆布を取り込んだウニは甘みが強く、身が大きいのが特徴です。北海道で獲れるものはクセが無いと評判で多くの方に愛されています。皆さんがウニを購入する時に木枠の箱に入っているところをよく見かけるかと思います。実は、この箱に入っているものにはミョウバンという添加物が入っています。ミョウバンには渋みがあり、調理をするとさらにその渋みが強くなってしまうという欠点がありました。その点、函館浜海道で販売されているものにはミョウバンは一切使われていません。とれたてのウニを海水濃度の高い海水に浸けてすぐに発送しているため、とれたての鮮度が味わえるようになっています。ただ、このウニは期間限定です。5月から8月までしか獲れないため、それ以降は入荷がありません。興味がある人はぜひこの期間に注文してみてはいかがでしょうか。

 

かにまみれ

その名の通り、かにを主に扱っている北海道の食品通販会社「かにまみれ」ですが、北海道の新鮮な海産物を取り扱う会社なので、実はウニの取り扱いもしています。あまり知られてはいないようですが、かにだけが商品として扱われているわけではありません。
特に人気の商品は、甘みが強く最高級のウニと呼ばれている蝦夷バフンウニを塩水パックした、塩水むきうにです。これには蝦夷バフンウニが12〜15個も使用されているため、ボリュームがあり、色々な召し上がり方ができる贅沢な一品です。ウニ特有の苦みが殆ど無く、甘さと何とも言えないまろやかな磯の香りが口いっぱいに広がります。そのまま醤油を少し垂らして食べるのも良し、どんぶりやお寿司にして召し上がっても贅沢なその味を堪能できます。
殺菌海水を使用する事で余計な添加物を入れずに加工できている為、このような自然の味が楽しめるのです。ただし、完全予約制の販売の為、気になる方はマメにサイトをチェックする事をおすすめします。

 

北海道網走水産

長年にわたり、通信販売を行っている北海道網走水産では、産地直送のウニを全国各地に届けています。新鮮で、美味しいうにが家庭で味わうことができます。特上生ウニは、お寿司のネタや、お刺身にも最適です。新鮮なので、海鮮丼にも合います。好みに応じて、いろいろな食べ方が楽しめます。
新鮮なウニの味を満喫できるので、毎年リピーターも多く、長年にわたり通信販売の実績も高く評価されているのが特徴です。人気ランキングの第1位は、特上生うにで、他にもウニとホタテを合わせた風味のあるウニホタテも人気を集めています。利尻昆布を栄養として育ったいくら、あわび、うにがセットになっている、海鮮をのせた丼は、家庭でも気軽に楽しむことができます。
新鮮で、濃厚な北海道網走産のうには、全国各地に宅配できるので、家庭で味わうことができて、年末年始にも楽しむことができます。温かいご飯の上にのせて、家庭で食べることができるので、濃厚な味わいを堪能することもできます。

 

北国からの贈り物

「北国からの贈り物」は、漁師一家が創業したショップで、現在ではオンライン通販サイトを中心に、実店舗も展開しています。漁師の経験から、魚介類の選定には確かな目を持っており、厳選された海の幸のみを取り扱っています。
そんな「北国からの贈り物」が提供している「ウニ」は、無添加で、甘くておいしい味わいが、高く評価されています。同店で取り扱っている「ウニ」は、どれもA級品ばかりで、専門店の味をそのままに、産地直送で届けられるのが、大きな特長です。
一般的な市販品の「ウニ」は、型崩れ防止や長期保存の目的から、食品添加物やミョウバンが使用されていますが、「北国からの贈り物」の「ウニ」は、それらを一切使用していないため、独特の苦味が無く、自然な甘みと磯の香りが広がる仕上がりとなっています。海中に生息している「ウニ」と同じように、塩水に入った状態で配送されるため、鮮度の高い状態を保ったまま届けられるのも、嬉しいところです。

 

当サイトの管理人の私、実はウニがけっこう苦手だったのですよね。

 

寿司屋のうにの軍艦巻きが子供の頃から苦手だったくらいですから、スーパーで売っている寿司のパックなんて、もう論外です。

 

居酒屋とかでも折りに入っているものを観たことがありますが、普段は苦手なので絶対に頼むこともなかったのです。

 

ところが数年前、大晦日の二条市場(札幌)にカニを買いに行った時に、お店の人から「コレを買ってくれない?千円で良いから!」と拝み倒されたのです。翌日から数日間お店は休みになるので、ナマモノはタダ同然でもさばいてしまいたいということだったのです。

 

そんなふうに半ば強引に押し付けられたウニは塩水パックのもの、塩水ウニというやつですね。ところが、これがとても美味しかったのです!。鮮度の問題もあるのでしょうが、それよりもこれまで食べたことがないようなウニでした。生うにですね。

 

子供の頃から嫌いだったので、いつしか食べず嫌いになってしまっていて、塩水パックのうにが出回っていることは知っていましたが、うに全般を敬遠していたのです。

 

生ウニの通販も以前なら鮮度の問題で難しいもので練ウニとかそういうものになってしまったのですが、塩水パックであれば釧路とか利尻とかそういう遠方のものでも産直ができるんですね、これは知らなかったです。

 

その分、当然ながら日持ちはしないので、早い内に食べきってしまわないといけないのですが、まあウニ丼にでもすれば食べきるのは簡単ですよね。

 

安い居酒屋や回転寿司などのウニってやっぱり従来のウニって感じがしますよね、でも通販なら鮮度を保ったものが購入できるので、こっちの方が圧倒的に満足度が高いですよね。失敗したくなければ俄然、オススメですね。自分もこれまではあまり積極的に食べたいと思わない方だったのですが、ちょっと好きになったかもしれません。

 

それからなんとなくカロリーが高いのかな?なんて思っていたのですが、意外に健康増進にも寄与するって話を聞きました。もちろん食べ過ぎると贅沢病となってしまうかもしれません、何事も、、でも常識的な量であれば良いらしいですね。

 

東京に住んでいるときには会社の飲み会とかで宴会で出てくるうにの軍艦巻きなんて石油臭いというか(勝手なイメージですが)、ああいうものしか食べたことがなかったのですが、塩水ウニのパックのものは遥かに美味しいですね、寿司屋のウニよりも旨いんじゃないのかなという感じがします。

うに通販【北海道から産地直送の評判のお店ならココです!】関連ページ

糠さんま
北海道のホタテ
北海道産ほたての産直ならこの通販店におまかせ!。口コミでも評判の良い安くて美味しくて鮮度抜群のホタテが届きますよ。
数の子
タラコ
北海道産のたらこをご紹介しております。虎杖浜や噴火湾産、釧路や檜山産などのタラコを産直通販でのお取り寄せは便利ですね。
いくら