タラバガニむき身は北海道から産地直送ですよ!

 

北海道を代表するカニといったらタラバガニをイメージする人も多いですよね。
ダイナミックに豪快に太い蟹の足を頬張るというのがタラバガニを食べる醍醐味です。
カニしゃぶの定番はズワイガニですがタラバガニもなかなかのものですよ。
お腹いっぱいに食べ比べしてみてくださいね♪

函館浜海道オンラインショップ 生冷凍本タラバガニ脚ポーション

生冷凍本タラバガニ脚ポーション3Lサイズ
26〜30本の脚ポーションで1sとなります。
ネット特別価格:8,480円(税込)  送料:全国一律1,200円

 

大人数で食べるなどのお得用セット6s(1kg×6個)は48,800円(税込)
たらば蟹のむき身があれば料理のレパートリーが広がります。定番のカニしゃぶは外せませんが、お家で焼きガニや天ぷら、パスタ、バター焼きステーキなど工夫次第で何にでも使えそうですよね♪

 

函館浜海道 公式通販サイトはこちらです >> Click!!

【かに本舗】通販店『匠本舗』  生本たらば半むき身

激安なら!

 

まずは激安なタラバガニならばココです。家で食べる分には全然問題ないと思いますよ。この値段でこの量は魅力です。

 

生本たらばがに半むき身セット約2kg
価格:9,800円(税込) 8千円以上で送料無料

 

【かに本舗】 公式通販サイトはこちらです >> Click!!

釧路 北釧水産 本タラバガニのむき身

「料亭の味」かに専門店の本タラバガニのかにしゃぶ
美味しさと品質にこだわる方なら釧路の北釧水産ももちろんオススメです。
特大サイズ500g入(9〜13本前後)特製タレ1袋(3個)&ダシ昆布付き 価格: 5,800円(税込)
特大サイズ1kg入(19〜25本前後)特製タレ2袋(6個)&ダシ昆布付き 価格: 10,500円(税込)
送料 北海道630円  沖縄1680円 本州1,050円

 

釧路北釧水産 公式通販サイトはこちらです >> Click!!

『函館浜海道オンラインショップ』 タラバガニ脚ビードロカット

カニしゃぶや鍋も良いですが、やっぱり蟹は茹でたものを食べるのが1番好きという人が多いのではないでしょうか。
でも殻を向くのがとても面倒!だからカニしゃぶのむき身にしている、なんて人も実は多いのかもしれません。タラバガニビードロカットはこの悩みを見事に解決してくれますよ!そのまま食べるのはもちろん鍋でもという一挙両得の商品です♪

 

ボイル本タラバガニ脚(ビードロカット版)800g
価格:7,980円 送料:全国一律1,200円

 

函館浜海道 公式通販サイトはこちらです >> Click!!

 

北海道ぎょれん(北海道漁業組合連合会) 本タラバガニのむき身

たらば「かにしゃぶ」約1.2kg 激安のタラバガニはちょっと品質的に不安、、、という方なら北海道ぎょれんでしょう。ほとんどの海産物が産地の漁協から直送されるというこだわりがあります。たらばがにの肩、爪、脚肉が食べやすいむき身になっています。カニ酢90g×2・昆布10g×1も付いていますので、あとは鍋と野菜を用意するだけです。 価格:9,900円(税込)  北海道ぎょれんは全商品送料無料 出荷元:マル海 光洋水産(根室)

 

北海道ぎょれん 通販はこちらから!>>>

 

当サイトの人気ページです

 

蟹通販といえば、お得で手軽に蟹を購入できるものです。

 

しかし、それを利用する上では、常に気に留めておくべきポイントもあります。

 

タラバ蟹を買う最には、以下のことに気をつけてください。まず、値段や大きさ、それに新鮮さといった項目をよく見て確認しておく必要があります。

 

写真だけでは、大きさなどは判断しづらいため、商品説明の文章(わざわざ学ぶ方もいるくらい必要とされるスキルですね)にも必ず目を通しておきましょう。

 

それから、多くの利用者がレビューを寄せていますが、これもすごく役にたつものです。せっかくの蟹をおいしく味わおうと思えば、調理の手順などにも気を遣う必要があります。

 

さまざまな食べ方がありますが、茹でるのは基本なので、蟹をうまく茹でるための方法に精とおするのですべてが決まると言ってもよいでしょう。

 

 

 

では、そのコツとは何か。

 

 

それは、単純なようで大切なことですが、大きな鍋を使うことなのです。脚の端や胴体がお湯から出ないように気を付けましょう。そうしたら、全体がきれいに茹で上がります。食べ放題でかにをたくさん食べようと思っても、味についてはどうも、ひとくくりにはできないようです。地域差は大きいでしょうし、同じ地域でも店による差はあるでしょうが、本当にざっくりした評価ですが、専門店の食べ放題では美味しいといわれるところが多いようです。

 

一方、焼き肉屋など、かにが専門でないところではかにの味は専門店に及ばないというのが常識です。

 

 

さすが専門店、という店はいくつもあり、行ってみて損はありません。

 

タラバガニの場合、どんな個体を選ぶとよいでしょうか。
まず、雌より雄にしましょう。メスは卵を抱えているため、栄養分はそちらに行ってしまいます。

 

タラバガニが最も美味しい部分、脚の身に栄養が回っているどう考えても雄の方が美味しいのです。

 

念のため、甲羅のまん中に縦2列で並ぶ突起の数を確認しましょう。正真正銘のタラバガニは、突起が6つありますが、万が一、突起が4つしかなければ、それはアブラガニなのです。

 

 

 

タラバガニと信じて買わないでください。今の世の中、何とかして人を騙してお金を手に入れようと思う人があふれていて、そのアイデアは尽きることなく、今の新手は中々食べる機会のないかにを食べたい気もちを煽り、通販を騙ってお金を出させる詐欺です。
その手口は様々ですが、共通しているのは、アンケートに協力させてこちらの対応を伺い、巧みにかに通販へと誘導していくことです。

 

 

毅然とした態度ではっきり断らないと、証拠のないのをいいことに、幾日後かに、宅配便であまたのかにが届き、中に入っている請求書にあ然とします。返品しようにもクーリングオフの対象外と断られ、泣く泣くお金を払うことになってしまいます。その他にも、経済的に余裕のある人を対象に、高価格、高品質のかにを装って、あちこちで売れ残ったかにを安く引き取って再冷凍してから送るとんでもない業者まで現れました。これも立派な詐欺です。美味しいかにを食べるつもりだった期待を裏切られ余分なお金まで取られるなんて、ひどい話です。このような詐欺にあうことなく美味しいかにを愉しむには、日頃からの情報収拾が肝心です。かに通販のランキングサイトでもタラバガニは屈指の人気ですが、トラブルにならないようにしてください。

 

 

もっとお安い、アブラガニというかにがいて、ちょっと見ただけでは、間違えてしまいます。

 

 

何の疑いもなくタラバガニを買っ立ところ、アブラガニを掴まされたことも実際にありましたので安さにつられて買うのではなく、よく知られたおみせから買うのが無難です。

 

 

「さあ蟹を調理しよう」という時には蟹がどういう状態にあるかで気を付けるべ聴ことがいくつかあります。

 

中でも最もポイントとなることは、冷凍蟹をいかにして解凍するかという点です。一般的に多くなされる方法が早く解凍したいがために、蟹を水に浸して溶かそうとします。
その方法をとった場合には、せっかくの蟹の旨みがなくなってしまうので、冷蔵庫に入れた状態での時間をかけた解凍が大切です。

 

 

 

かにを食べたいなアト無性に思うことがあるんですが、考えてみるとそれってだいたい冬なんですね。

 

我が家でお取り寄せといえば「かに」というほど習慣になっていて、さまざまな通信販売で注文しては、たっぷり実の詰まったかにを食べ、今年1年の幸せを噛みしめます。
これだけ毎年買っているのにおみせの数が多すぎて中々これといったおみせにたどり着けません。毎年美味しいことは美味しいのですが。

 

注文するときになったらどのおみせも良く見えてきたりします。かにといえば、鮮度が命の生鮮食品ですし、未だにぜいたく品の貫禄十分ですし、それなりのお値段もしますから、なるべく美味しいものを失敗なく選べたらいいですね。その不安を解消するのにちょうどなのが口コミ(失敗を減らすためには役に立ちますが、出会いを減らしてしまうことにもなりかねないでしょう)です。

 

できたらそのおみせ自体のサイトだけではなく他のところのもチェックすれば、ちゃんとした品物が手に入るのです。産地直送の美味しい蟹をお取り寄せできる蟹通販。
蟹の醍醐味といえば、なんと言っても丸ごとで買うことでしょう。甲羅を含まない脚だけのセットや、傷物のワケアリ品などが特に安いという印象があるかも知れませんが、蟹のサイズや種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)によっては、丸ごと買いでも安く購入できることがあるのが蟹通販です。

 

 

 

それに、蟹をおいしく食べようと思えば丸ごと一杯の蟹を茹でて食すのが一番いいでしょう。
丸ごと茹でなら、蟹がもつ風味や味わいを損なわず、蟹自体の風味や旨みを味わい尽くせるのです。

 

 

りゆうあり品のお得感って癖になりますよね。

 

 

りゆうありに目がない私は、インターネットでもおみせでもまずりゆうありチェックをするのが常ですが、近頃気になっているのがかに通販のりゆうあり品です。

 

 

価格を大幅に下げなければ売れないほどの、どんな瑕疵つまり傷があるのか、そこが、業者の誠意を推し量る上で大変役たつと思います。

 

基準は統一されていないので、販売店によって差が出ることもありますが、でも、大きさに関してが最もよく見られる例で、基準と考えられるサイズを大きく超えていたり、反対に小さすぎたりというもので、サイズなんてグラムで売れば関係ないんじゃないかとも思うのですが、そうとばかりも言えないようで。

 

天然物なのだから大きさが揃わないのは当然なのに、バランスが取れないという理由ではじかれることもあったりします。店頭に並べた時ちょっと見栄えの悪い甲羅の傷はどんなに小さくても「りゆうあり品」転落ポイントです。

 

 

このように、食べる上で何の影響もないようなことで、りゆうあり品になるので、よほどうるさい人でなければ気にするようなことは何もないことがよくわかったことと思います。

 

 

 

安心して購入し、たっぷり召し上がって欲しいですね。