活かに 北海道釧路のプロのお店におまかせ!

 

活かになら釧路の北釧水産がオススメです。毛ガニやタラバガニなどは「活カニ」と「浜茹で」が選べる本格は好みのプロのお店なのです。そのとり扱い量の豊富さは段違いです。さすがにカニの本場の北海道・釧路で大卸しをしているというだけのことはあります。品質も文句なしですよ。かに刺しなどはお店で食べるとしたらいったいどのくらいとられるのか、心配で喉に通らないかもしれませんが(笑)お取り寄せなら安心して食べられますよね。しかも断然に安上がりなのは言うまでもありません。

 

北釧水産のカニは「浜茹で」と「活」が用意されています。刺身などの料理をする目的ならば活毛ガニが良いですが、茹でて食べようという場合には、慣れていないなら「浜茹で」が無難ですよ。

 

極上「活」毛ガニ 1kg前後 5,850円(通常8,000円)
価格は時期によって変動しますので必ずご確認くださいね。

 

>>>北釧水産 極上「活」カニはこちら!

 

当サイトの人気ページです

毛ガニを使った簡単お寿司レシピ

毛ガニの一番美味しい食べ方は、生からボイルしたものをその場で食べることだと言われていますが、そうは言っても、沢山買いすぎてしまったり、残ってしまったものは、違う食べ方をするしかありませんよね。そこで、今回は簡単に作れる毛ガニのレシピをご紹介します。

 

お勧めのレシピは、お寿司です。お子さんのいる家庭では、ほぐした毛ガニの身をキュウリと少量のマヨネーズと一緒に巻き寿司にしてみてはいかがでしょうか。それに加えて大人向けには、蟹の身と味噌の軍艦巻きを作ります。軍艦巻きのレシピは、握り寿司と同じ大きさのシャリに、シャリよりも数cm幅の広い海苔を巻きます。その片側に蟹味噌、もう片方に蟹の身を乗せます。どちらか一方に、薄切りにしたキュウリを乗せると、彩りが良くなります。

 

家族みんなで同じものを食べたい時は、蟹ちらし寿司も良いですね。ちらし寿司のレシピは、酢飯に砂糖、醤油、みりんなどで煮たかんぴょうや椎茸などを混ぜ、その上にほぐした毛ガニの身をたっぷりと乗せます。その周りに錦糸玉子やしその実など、好みの具を乗せ、最後に刻み海苔を散らせば出来上がりです。

 

次は、お寿司に合う、毛ガニの味噌汁のレシピです。蟹には食べやすいように殻に切れ目を入れておきましょう。いつも通りに出汁を取り、軽く沸騰して来たら毛ガニを入れ、煮立って来た所でアクを取ります。少量の酒を加えて、もうひと煮立ちさせたら、火を弱めて味噌を溶けば出来上がりです。お好みで、ネギや豆腐などを加えても、美味しく食べられます。