カニしゃぶするならばこの蟹は激安ですよ!

最近の我が家のブームはカニしゃぶです。そんなご家庭も多いのではないでしょうか?家計を預かる身としてはカニ料理を安く出来るというのがイイですよね。そして家族みんなが喜ぶカニしゃぶは楽しい時間になります。

 

さ・ら・に!料理が簡単で、しかもむき身なので殻がなくてゴミが少なくて助かります^^ カニの生ゴミの匂いも大幅に軽減できますからね。

 

※蟹の価格の高騰や、円安となったこともあり近年は蟹通販の価格が上がっています。毎年、価格や規格に変更がありますので現在の正規の価格は通販店のページでご確認ください。

【かに本舗】通販店『匠本舗』 「かにしゃぶ」むき身セット

毎年ブームのように売れるのがこのズワイガニのカニしゃぶセットなのですよ。産地はアラスカ産なので激安で提供されるのですね。近海物じゃなくてガッカリする方もいらっしゃるかと思うのですが、ズワイガニの近海ものであればこのような価格では食べられないのですから仕方ないですよね。

 

生本ずわい「かにしゃぶ」むき身満足セット 約3kg
価格: 10,800円(税込)  かに本舗は8千円以上で送料無料

 

かに本舗 公式通販サイトはこちらです >> Click!!

『函館浜海道オンラインショップ』 タラバガニ脚3Lサイズ1kg

1kgにタラバガニのむき身がどのくらい入っているのかというと、だいたい25本ほど入っています。

 

カニしゃぶなどの鍋でも美味しいですし、バター焼きやホイル焼きにソテー、スパゲッティなどの料理にも使える、とても用途の広い商品ですね。
ズワイガニのむき身とタラバガニのカニしゃぶの食べ比べは、それぞれの味と食感の違いが楽しめますので、カニ大好きな方は年に一度は食べているのではないでしょうか(^o^)

 

生冷凍タラバガニ脚・ポーション(3L)1kg
価格:9,880円(税込) 送料:全国一律1,200円

 

函館浜海道 公式通販サイトはこちらです >> Click!!

『函館浜海道オンラインショップ』 ズワイガニのむき身6Lサイズ

ズワイガニ脚のむき身ポーションですが特筆すべきは6Lという極太サイズです。これが約30本入っていますからカニしゃぶはもちろん、ソテーやホイル包み焼きなどの料理でも楽しめます。

 

ズワイガニは細くて食べごたえが無くて・・・という方にはオススメの6Lサイズですね(^o^)

 

生冷凍ズワイガニ脚・ポーション(6L)1kg
価格:7,980円(税込) 送料:全国一律1,200円

 

函館浜海道 公式通販サイトはこちらです >> Click!!

『函館浜海道オンラインショップ』 タラバとズワイの食べ比べセット

上でご紹介したタラバとズワイのむき身がセットになったのがこの食べ比べセットとなります。価格的にも1,000円ほどお得となっていますね^^

 

カニしゃぶを食べたいけど、ズワイもタラバも両方食べたいに決まっている!という蟹大好きな方には嬉しい食べ比べセットです(^o^)

 

生冷凍タラバガニとズワイガニの食べ比べ2点セット(各1kg入)
価格:16,800円(税込) 送料:全国一律1,200円

 

函館浜海道 公式通販サイトはこちらです >> Click!!

『釧路北釧水産』 超超特大サイズ本ずわいしゃぶ

正直に言って、激安のカニとはランクが違います。値段は激安カニよりは高くなりますが、でもそれだけの価値がありますよ。
そういうカニを届けてくれるのがココ、釧路の北釧水産なんです。本場のカニを産地直送で味わいたいたら絶対にオススメです。

 

本ずわいがにのかにしゃぶ 超超特大5Lサイズセット500g入(急速冷凍)  価格6,050円(税込)

 

北釧水産 公式通販サイトはこちらです >> Click!!

 

当サイトの人気ページです

 

カニしゃぶについて

カニしゃぶはカニの旨みと食感を両方味わう事のできる調理法です。カニしゃぶに適したかには身の付きが良い大き目のカニでタラバガニやズワイガニが最適です。毛蟹などの小さく、身の少ないカニはカニしゃぶにはあまり向いていません。特におすすめなのがズワイガニでのカニしゃぶです。ズワイガニは身の甘みが強く、カニしゃぶにする事によってみずみずしい食感とカニ独特の旨みを味わう事ができるのです。ズワイガニでカニしゃぶをする場合は大きいサイズの物を選ぶと良いでしょう。そのほうが身のプリプリとした食感を十分に味わう事ができます。

 

カニしゃぶに使用するカニは脚の殻を切り落としておかなければいけません。非常に手間のかかる作業ですし、硬い殻を切るので注意していないと怪我をする恐れもあります。既に処理がされているカニしゃぶ用のカニを購入するのも良いかもしれません。冷凍品のものにはカニしゃぶ用のものが多く出回っています。冷蔵庫や流水で半解凍すればすぐにカニしゃぶを楽しむ事ができるのです。流水で解凍する場合はビニールに入れたままの状態でするとカニのうまみ成分が流れてしまう事を防ぐ事ができます。カニしゃぶに使用する出汁は基本的に昆布だしといわれています。水からじっくりと出汁をとり昆布の旨みを引き出します。その出汁に用意したカニの切り身を十数秒潜らせて醤油だれやカニ酢で食べます。シンプルな出汁に潜らせる事によってカニ本来の味を堪能できるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

カニしゃぶセットの通販ならここが良いですよ


カニしゃぶの鍋を家族で囲むのは幸せのひとときですよね。寒くなってきたら鍋が恋しい季節となりますが、今年も何度もカニしゃぶしたいと思います♪。

 

家族みんなが大好きなカニしゃぶ、唯一の問題は値段ですよね。。でも通販なら大丈夫、訳ありものや激安カニが揃っていますよ^^

 

 

 

【かに本舗】通販店『匠本舗』  カニ脚むき身セット4kg

 

サイズ/2L〜3L
生本ずわい「かにしゃぶ」むき身満足セット 約4kg
価格: 10,500円(税込)  送料無料

 

>>公式サイトはこちらです

 

 

 

北海道から産地直送【旨いもの探検隊】 たらば ずわい蟹鍋セット

 

たらば ずわい蟹鍋セット各500g(しゃぶしゃぶ)
価格:8,800円(税込)

 

>>公式サイトはこちらです

 

 

 

 

カネキタ北釧水産株式会社 超超特大サイズ本ずわいしゃぶ

 

本ずわいがにのかにしゃぶ 超超特大4Lサイズセット600g入(急速冷凍)
特別価格4,980円(税込)

 

>>公式サイトはこちらです

 

 

北海道でもカニしゃぶがブーム

かにしゃぶは、かに料理でもシンプルでかにそのものの味を楽しめます。ですがシンプルゆえにちょっとした間違いで台無しになってしまいます。かにが完全にとけてしまうと更に美味しくなくなってしまいますので事前にダシなどの準備をしておきましょう。ではかにしゃぶの美味しい作り方を、順を追って説明していきます。まずは野菜など具材の準備をします。ネギや白菜といったお鍋の定番からしいたけやえのき、しめじなどのキノコ類、豆腐やしらたきなど具材はお好みで大丈夫です。次にダシをとります。かにしゃぶのダシはかにの風味を邪魔しない昆布ダシがオススメです。水から昆布を入れて火にかけます。昆布を水につけておく時間は季節によって異なり、夏なら1、2時間ほど冬なら3、4時間ほどつけておきます。昆布は沸騰する前に出しておきます。沸騰した状態のまま煮ると昆布のヌメりなどが出てしまい台無しになってしまいます。

 

また、かには解凍しておきましょう。解凍の仕方はかにをビニール袋に入れて流水で半解凍します。時間は10〜30分ほどです。完全に解凍してしまいますと、かにの風味も流れてしまいますので半解凍の状態で芯があるぐらいの方がかにしゃぶには最適です。半解凍できましたらかにを鍋でしゃぶしゃぶします。かにの火入れ加減やポン酢を付けて食べるか、何も付けずに食べるかは好みで選びます。何回かかにを入れてダシが出たら野菜など、あらかじめ用意していた具材を煮ていきます。最後の締めは雑炊が美味しいですよ。

激安のかに通販は大丈夫?

激安のかにがありますよね、5キロで1万円などこのような価格はかなりの低価格、激安です。でもこういうのって訳あり中の訳ありですよね、品質は大丈夫?って心配になるのではないでしょうか、私もそう感じたのですが、ものは試しに頼んでみました。ズワイガニのポーションもの、カニしゃぶしゃぶに良いタイプのものでした。カニの殻がとれている状態なので、便利だったりごみ処理の点もとても好かったり利点は多いのですが、気になるのは「味」と「品質」なんですよね。

 

で、どうだったのかというと、うちで頼んだズワイガニのむき身(ポーション)はまあ、値段なりの価値はあったのかな〜とは思います。でもちゃんとしたカニに比べるとかなりのグレード落ち感は否めないですね。最初から期待はしていなかったので、こんなもんかな、という感じですが、もしかして多大な期待をして頼んむという場合には、ガッカリ感がすごいかな〜とおもいます。

 

ちなみに妹にも贈ってみたのですよ、でどうだった?と聞いたのですが、まあ気を使ってくれたのか「おいしかったよ」とは言ってくれましたが、、贈り物のような利用の仕方はしない方が良いでしょうね。ごく身近な人であれば、まあ「本当に期待しないでね」の一言を添えて、というか念を押しておいた方が良いですね。

 

ズワイガニのむき身の利用の仕方ですが、これは便利ですね、カニしゃぶしゃぶは当然ですがサラダやフライ、天ぷらなどの料理に使えます(むしろカニそのもので食べるのはちょっとという味のわかる人であれば、こういう料理に使うように工夫をするのが良いのかもしれませんね)