鉄砲汁

鉄砲汁とは、カニを使った汁物料理の事です。通常はカニ汁と呼ばれますが、北海道ではカニ汁を鉄砲汁と呼びます。鉄砲汁に使われるカニには、本物のカニではないタラバガニや花咲ガニなども含まれます。カニはすべての部位を食べることができると言われています。そして近年ではそれに含まれる栄養素が実に豊富なことから健康食品として、またダイエット食としても注目を集めていますね。栄養素が豊富で美味しい出汁がでるのでかに汁にできるのも当然と言えば当然かもしれませんね。浜茹でを食べた後の殻を洗ってそれを具にすれば出しが出るのでカニは凄いなと思います。値段は少々張りますが重宝される理由も分かりますよね。

 

ところでタラバガニや花咲ガニは、実はヤドカリの仲間なのです。カニの仲間であるかヤドカリの仲間であるかは、足の本数を見て見分けることができます。タラバガニは主に冬に、花咲ガニは初夏から初秋が食べごろ(漁期)と言われいます。どちらも北海道が主産地ですね。花咲ガニは釧路や根室、厚岸では凄く好まれています(一般的に北海道の人は毛がにが好きな人が多いのですが)。

 

北海道以外の地域ではワタリガニやズワイガニなどを使ったカニ汁が食べられています。北海道で「鉄砲汁」と呼ばれるカニ汁に使われてるカニは、実に多彩です。毛ガニ・ズワイガニ・タラバガニ・花咲ガニなど、4大ガニのいずれも鉄砲汁の具材となりうるものです。4大ガニの中で特に良く鉄砲汁に使われるのは、毛ガニや花咲ガニです。鉄砲汁の汁は味噌で味付けられます。つまり鉄砲汁とは、具にカニを使った贅沢な味噌汁なのです。人間、カニを食べるときには、なぜか無口になるものです。黙々とハシでカニのカラをつつき、身をほじり出す姿は、鉄砲に弾をこめている姿に似ているとされました。それが、「鉄砲汁」のネーミングの由来です。

鉄砲汁|北海道かに通販ランキング関連ページ

かにみそ
かにすき鍋