糠さんま(ぬか秋刀魚)の人気通販店はこちらです。

テレビ番組「秘密のケンミンSHOW」に登場して以来、一気に人気に火がついた「糠さんま(サンマのぬか漬け)」。北海道は道東の釧路や厚岸、根室方面の海の町で食されている地域グルメです。

 

◎魚の街、釧路で一番美味しいと浜の男達から伝えられる伝説の糠漬け秋刀魚です。口コミで広がりすぐ売り切れます。

 

新鮮なサンマしか使いません 「朝とれた日帰り秋刀魚」だけで作っています。

 

◎秘伝の製法により朝とれを一本まるごと漬け込みます。一般のぬかさんまの製造にかかる時間の倍以上をかけて作ります。なぜそれほどの時間をかけて?秘伝の製法の秘密がそこにあります。

 

 

「糠サンマ」は北釧水産販売ページの「海鮮商品カテゴリー」の【魚】にございます。

こちらから!>>>おいしい北海道を釧路から ?? 専門店のかに、うに、いくら、旬の逸品をお届け!

 

 

 

ぬか秋刀魚を凍らすのは作り終わった後です。急速冷凍をかけますので鮮度が保たれます。

 

凍っていますが糠さんまを一尾ずつ取り出せます。

 

ですので10尾入りですが一尾ごとラップをしてチャック式ビニール袋で保管できますので長く秋刀魚のぬか漬けを楽しむことが出来ます。

 

商品名糠さんま「極」
数量10尾入り
お届期間12/30 着まで
価格2,300円(税込)

 

期間限定品で数量には限りがありますのでご注文はお早めに!

 

 

「糠さんま」は北釧水産販売ページの「海鮮商品カテゴリー」の【魚】にございます。

こちらから!>>>おいしい北海道を釧路から ?? 専門店のかに、うに、いくら、旬の逸品をお届け!

 

 

 

売り切れの際には 楽天通販

 

北海道厚岸 北海道釧路 北海道厚岸

 

 

 

 

 

ぬかサンマなどの魚の通販について

一般の小売店ではなかなか仕入れていないような希少価値の高い魚や、非常に高級な魚が欲しい場合通販カタログやインターネットショッピングサイトを見ると望んだものを探しやすくお勧めです。海が近くにあるところにお住まいの方はわざわざ通販で魚を買うなんて、と思われる事も少なくないかもしれませんね。確かに漁港や市場が近くにあればそこで買うに越した事はありませんし、鮮度を考えてもその場で買うのが一番です。ですが誰でも鮮度抜群の魚がすぐ手に入る環境にいるわけではなく、おいしい魚が手に入りにくいところに住んでいる人や普段市場で流通しないような高級な魚が食べたい場合なんかも通販を使って購入することになりがちです。それに海の近くに住んでいるといっても、どの海の近くか、東日本か西日本か、それとも九州かで捕れる魚は違います。ですのでたまには自分の住んでいる地域では捕れない魚が食べたいなあ、なんて思ったときもやはり通販で購入することになるでしょう。

 

また魚を通販で購入する場合、魚そのものを購入する場合と調理済みの魚を購入する場合に分けられ、やはり用途によって自分の望むものを購入することが出来ます。調理済みの魚の場合、高級料亭の味付けのものや温めるだけで簡単に食べられるお惣菜感覚のものなど、冷凍庫の中に置いておくとご飯の支度が楽になるとても便利なものが沢山あり、主婦にはうれしい限りですね。また調理済みでない魚の場合は、高級なお魚の切り身などちょっとリッチなディナーにぴったりなものや、贈答品にも使えるものなど特別な日用に最適です。

 

 

北釧水産は釧路から海のさちを届けてくれます!

当ページでご紹介している「ぬかさんま」は釧路で魚や蟹の卸をしている北釧水産の糠さんまです。

 

非常にリーピーターが多いお店としても評判の通販店です。得意の蟹は活毛がにと浜茹でが選べる釧路のカネキタ北釧水産株式会社の通販は注目に値します。美味しいかにを食べたいならば必ずチェックしてみましょう。北海道の蟹の本場の釧路で大卸しをしているプロフェッショナルなこのお店は、毛がにに限らずですが「活カニ」と「浜茹で」が選べるお店なのです。毛がにの通販店を探しているのならば、まずはココを覗いてみると良いと思いますよ。また予算で選べる「まかない用・業務用」も用意されています。同じ業務用でも一味も二味も違いますよ。

 

活毛がにを扱っている通販店はあまりないのではないかと思います。やはり釧路の蟹の大卸しをしていることでその品揃えと高品質で人気の海産物通販店のカネキタ北釧水産株式会社では各蟹が浜茹で、活が選べます。なかなか生の蟹を食べることはありませんよね。一度、自宅で料理に腕をふるいたいというかたならココの通販を利用すると良いですよ。活毛がにが購入できます。もちろん品揃えがホントに豊富な店ですのでまかない用のリーズナブルなものもあります。また、毛がにをはじめとして各サイズが豊富に揃っているのも嬉しいところですね。大きな毛がにを食べるか、それとも家族の人数に合わせて数を調達するか、その人それぞれのニーズに全て応えてくれる準備がされています。ぜひ覗いてみてください。

 

 

ぬか秋刀魚の季節は秋から初冬に掛けて。毎年根強いファンが買い求めるため品切れになることもしばしば。

秋刀魚について

秋刀魚というのは、その名の通り、秋に食べるのにふさわしい魚で、海棲硬骨魚の1種になります。北太平洋に広く生息していて、日本でも、アメリカ西岸でもよく獲れます。秋に獲れる魚で、その姿形が刀に似ているということから、その名前が付けらました。ただもう1つの名前の由来があり、それは、細長い魚を意味するさまなが変化してサンマになったという説もあります。

 

いずれにせよ、秋刀魚は、日本人がもっとも好む魚のひとつといっていいでしょう。冷水性の魚で、形は細長く、黒紫色をしています。そして、腹部が銀白色に輝いています。体長は40cmくらいで、細長くて体側背部は暗青色をしていて、腹部が銀白色というのが、大きな特徴です。秋刀魚の旬は10月で、この時期に獲れるものが脂肪が多くて、一番、美味しいとされています。栄養も豊富で、脂肪、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどがたくさん含まれています。他にも、DHAやEPA、ビタミンA、ビタミンB12などの栄養素が含まれています。秋刀魚は、塩焼き、味噌焼き、蒲焼きなど、色んな食べ方が楽しめるので、食卓には欠かせません。

 

目黒のさんまとは?

目黒のさんまというのは、明石屋さんまが、目黒に住んでいるからそう呼んでいるわけではありまはせん。冗談はさておいて、目黒のさんまというのは、実は、有名な落語の噺の一つで、昔から伝えられてきたものなのです。簡単に言うと、さんまは低級な魚なので、無造作に調理した方が美味しく食べることができ、逆にしっかり調理すると不味くなるという、ちょっと皮肉った噺になります。これは、世間知らずのお殿様を揶揄したもので、冷めた鯛を食べるくらいなら、秋は焼きたてのさんまが一番美味しいんだよ、とちゃかしている笑い噺です。落語界では昔から伝えられてきた噺ですが、いつ頃から伝えられてきたのか、その時期は明らかにされていません。作者不明の古典として、今も脈々と伝えられていて、時折、話題になっています。目黒のさんまは、江戸の古典落語で、殿様が目黒の農家で食べたさんまの味が忘れられず、日本橋からすぐにさんまを取り寄せるのですが、殿様のために家臣が脂や骨を抜いたことから、美味しくなくなり、そのことで、殿様は、さんまを食べるなら、やはり、目黒が一番、と言う下りの落語になります。

 

糠さんま(秋刀魚のぬか漬け)

秘密のケンミンSHOWで紹介された北海道の道東に住む北海ドーミンが大好きとして紹介されたぬか漬けのサンマ(秋刀魚のぬか漬け)です。

 

◎幻のサンマと称されるほどの知る人ぞ知るぬか秋刀魚。ワタまで美味しい

 

朝とれの日帰り秋刀魚だけしか使わない、このこだわりが幻と云われる理由です(沖止め秋刀魚は決して使いません)。他のぬか秋刀魚とは鮮度がまるで違います

 

◎秘伝の製法によりその日のうちに必ず漬け込みます。他の糠さんまに比べると倍以上の時間をかけて作ります。だから味が段違いなのです

 

>>>北釧水産の「幻の糠さんま」はこちら

 

 

ぬか秋刀魚は作り終えた最後に急速冷凍をかけます。
10尾入ですが凍っていても糠漬けなので1本づつ取り出せます。
ラップをしてチャック式ビニール袋で保管しておけば鮮度はそのままに長く保存しておけます。
お届期間10/29〜11/30 着まで
価格2,300円(税込)

 

期間限定品です。テレビで紹介されましたので注文殺到しますのでご注文はお早めに!

 

>>>ご注文はこちらからどうぞ!

 

 

 

売り切れの場合には! 楽天通販

北海道厚岸 北海道釧路 北海道厚岸

 

 

 

ぬかさんま(糠サンマ)【注文殺到の人気通販のお店はココです!】関連ページ

北海道のホタテ
北海道産ほたての産直ならこの通販店におまかせ!。口コミでも評判の良い安くて美味しくて鮮度抜群のホタテが届きますよ。
数の子
タラコ
北海道産のたらこをご紹介しております。虎杖浜や噴火湾産、釧路や檜山産などのタラコを産直通販でのお取り寄せは便利ですね。
うに
いくら