毛ガニの通販ならここがオススメですよ。

 

北海道では蟹と言ったら毛ガニです。なんと言っても毛ガニなんです!(写真は活毛がにです。活きたままor浜茹でを選べる釧路北釧水産から通販で購入した毛ガニです)。

 

濃厚なカニ味噌と身っ子は子供からおじいさん、おばあさんまでみんな大好きです。北海道の味を通販でおトクに味わえますよ〜♪

 

鉄砲汁というかに汁も美味しいです。北海道のお寿司屋さんではよく出てきます。余った分で作ってみてください。

 

カネキタ北釧水産株式会社 極上「活」毛ガニ

 

極上「活」毛ガニ 1kg前後 5,850円(通常8,000円)

>>>カネキタ北釧水産株式会社 極上「活」毛ガニはこちら

 

まかない用蟹もあります。かなり安い価格で提供されています。1.5s前後入り(2〜3尾)4,980円

>>>まかない用特別価格はこちら

かに本舗 通販店『匠本舗』  北海道浜茹で毛がに

 

北海道浜茹で毛がに姿約4kg(10〜11杯)12,800円

 

>>>北海道浜茹で毛がに姿約4kg送料無料はこちら!

マルゲン後藤水産  浜ゆで毛蟹

 

極上ランク浜ゆで毛蟹合計1kg前後 4,380円

 

>>>マルゲン後藤水産 極上ランク浜ゆで毛蟹はこちら

北海道ぎょれん 浜ゆで毛がに

 

浜ゆで毛がに(440g×2尾)価格:5,500円

 

>>>北海道ぎょれん 浜ゆで毛がにはこちら

毛ガニは北海道の人が大好きな蟹です

有名な3大かにの中でも小さめの毛ガニ。さっぱりして甘みのある身と濃厚なかにみそが美味しいですね。日本では北海道で獲れ、それ以外は主にロシアで獲れます。北海道で獲れる場所は季節によって異なり、太平洋やオホーツク海、噴火湾にわかれます。オホーツク海で獲れる毛ガニは春毛ガニとも呼ばれ、一定の漁獲量があるため、他の時期にものよりも安価で手に入ります。毛ガニはほぐれやすい身ですから茹でがにや焼きがにだけでなく炊き込みご飯やサラダになど調理法も幅広いです。

 

茹でる場合は当然ですが新鮮な内に洗ってから下に向けて沸騰したお湯で茹でます。少し温かさが残った状態で食べるのが一番美味しいです。毛ガニはメスの捕獲が禁止されており、甲羅8cm以上のオスのみが許されています。ですから私たちが食べている毛ガニは全てオスなのです。大体400〜600g程度の毛ガニが最も美味しいです。毛ガニは別名オオクリガニとも呼ばれています。オオクリガニがいるということは、そう、クリガニもいます。クリガニは別名をサクラガニと言い、生きている状態ですとクリガニの方が少し濃い色をしています。しかし、この二つのかには火を通すとほとんど同じ見た目になってしまいます。じっくり見てみると形やトゲなど微妙な差はあるものの、私たち素人にはわかりにくいものです。クリガニの方が安価なため、実は安い毛ガニはクリガニである場合もあるようです。

毛ガニの美味しい食べ方

毛ガニといえば、食用のカニの中でも特に高級なカニの代表選手です。せっかく毛ガニを食べる機会を得たのであれば、おいしくいただきたいものですね。まず、毛ガニは重くて身のつまったものを選びましょう。毛ガニは名前のとおり甲羅に細かい毛が無数にはえています。毛ガニの毛はトゲのようにお肌にささりますし、毛ガニの足の先も鋭くとがっていて危険です。ですから、毛ガニをさばくときには、軍手をはめるか、キッチン用の厚手のゴム手袋を使いましょう。毛ガニの足先は軍手を簡単に貫通してくるので、軍手を使う場合には2枚重ねがお勧めです。毛ガニのエラだけは、食べられないので取り外します。毛ガニは、エラ以外はとにかく全ての部位を楽しむことができます。毛ガニのハサミや足を全てバラして甲羅を開いて、身やミソを楽しんだ後は、甲羅を再利用して楽しめます。毛ガニの甲羅に日本酒を注いでもおいしくいただけますし、グラタンを作っても良いかもしれません。また、毛ガニのハサミや足の身を食べた後のカラは煮出してダシを取ることができます。せっかくの毛ガニですから、余すところなく最後までしゃぶりつくしてしまいましょう。