かにの訳あり品って大丈夫?

最近、お取り寄せ通販等でも、格安な値段設定になっている「訳あり品」というものが増えています。そういった中で、かにの訳あり品というものが登場し、気になっている。このような方も多いと思います。しかし、生鮮品であることから、「かにの訳あり品って大丈夫?」と感じている人もいるでしょうから、このポイントについて掲載しておきます。まず、蟹を一般的に流通させるためには「規格」というものがあり、この「規格」に一致しない蟹というものは水揚げがなされても、一般的な魚屋さんや百貨店には並ばないという現状があります。

 

たとえば、あしが一本とれている。傷がある。こういったものです。しかし、味という意味では蟹は蟹ですので、腐っているとか品質の問題は全くないということが一番のポイントです。こういった一般市場に流通できないかにを、お取り寄せや、漁業者が公式サイト上で販売するというようなことをはじめたことで話題になったということです。上記を見てもわかるように、大丈夫か大丈夫じゃないかという点に関しては大丈夫であるといっていいでしょう。さすがに高級料亭の味になれているという方になると、若干の違いを感じるのかもしれませんが、一般の人ではその違いはほとんどわかりませんよ。

 

カニを購入する際に覚えておきたい知識

かには人気商品である。タラバ、松葉、毛蟹といったところが人気だろうか。最近はアブラ蟹等も良く耳にするが、このアブラ蟹やタラバ蟹はヤドカリの仲間だという。かに購入の基礎知識として知っておくべきは、かにの種類とその違いである。ネット販売のクレーム等を見ていると見当はずれなクレームも度々目にする。

 

たとえばタラバ蟹を購入してミソが入っていないというようなクレームである。カニミソを望むなら毛蟹か松葉(ズワイ)を選ぶべきである。タラバうあアブラ蟹を買ってカニミソが入ってなかったとしても決して販売店の責任ではない。次にかに購入の基礎知識として大事なのは

 

調理の仕方の見極めである。かにはゆで方ひとつで味が大きく変わる。真っ当なプロがゆでた蟹を購入できれば申し分ない。その道のプロが茹でると素人がゆでるそれとはまったく別物となるから恐ろしい。もっともそういった本物のかには、函館やら、富山、福井、兵庫の日本海まで出向かないと口にできないだろう。

 

福井に住む友人はかになんて子供の頃はおやつだった、といい、富山に住む友人は都会でおいしいかにを食べようなんて、そもそも間違ってる、とのたまう。富山まで来いとおっしゃる。そう、おいしいものは努力しなければ口には入らない。お金さえ出せば何とかなるわけではない。ところで、城之崎あたりにはかにソムリエと呼ばれる人たちが居る。一度素人にも理解できるかに購入の基礎知識を訊ねたら、“自分で見て買うこと”これだけだった。