本当の天然ものイクラを食べてみませんか?

 

丼にいくらを乗せて食べるいくら丼は本当に美味しいですよね。子供から大人まで大好物に人は多いですよね。そういう私も大好きなのです。いくら醤油漬け 通販はよく利用しています。たまにかなり安いイクラも売っていますが、全体的には品不足のために値上がりはしてきていますね。大晦日やお正月のごちそうにはいくらは欠かせませんよね。

 

いくら醤油漬けの通販

お正月にはこれがないと始まらない!(というのは私の独断と偏見かもしれませんが^^;)のがいくら醤油漬けです。なくてはならない海産物の筆頭です。おせちに飽きたらカレーもね、というCMが昔ありましたが、イヤイヤ、いくら丼でしょう^^。こどもから大人まで大好きなイクラ、お正月くらいお腹いっぱいに味わいたいですよね。北海道のイクラは噴火湾産や知床産など種類もありますので、この食べ比べも面白いですよ。北海道では回転寿司では本物のイクラが使われています。これってのは当たり前だと思っていたのですが、聞くところによると本州では人工イクラが使われているのだとか?、ちょっと信じられないのですがどうやら本当の話のようなのですね。一年に一度くらいは本物を食べてみたほうが良いと思いますよね。せめてお正月くらいは。

 

 

いくらは鮭の卵! 鮭系の美味しいものランキング

ベスト10の10個を並べることはできませんが、鮭って美味しいのでいろいろな食べ方がありますよね。

 

その前に、食べたくない鮭料理もあるんです。それは刺し身と寿司です。鮭には虫がいるので昔は生で食べるなんてとんでもない!って時代だったのですよね。最近では回転寿司の人気メニューにもなっているようで、特に若い人の味覚が変わってきたことからも人気になっているようです。

 

そんな私が選ぶ鮭料理の第一位は「イクラ」です。誰がなんといってもイクラなんです。それって鮭の卵だろ!とか、料理と違うんじゃないの?なんていうクレームは受け付けませんw

 

イクラは最高ですね。この言葉の語源はロシア語なんだそうですが、ロシア語では魚の卵をイクラって言うみたいですね。なのでタラコもイクラって言うのかもしれませんね。キャビアの代用品として考えたって聞いたのですが、でもキャビアよりはイクラの方が美味しいですよね。

 

第二位は「鮭とば」ですよ!。最高です。鮭を干して切るものですがお酒のつまみに最高ですね。でもだんだんと歳を取ってきたので柔らかいトバでないと食べられなくなってきたのが悲しいところです(笑)。スーパーに売っているんですが「鮭トバ一郎」っていう鳥羽一郎をモジッた商品があるんですよね、あれをみてプッと笑ってしまいます。

 

第三位はサーモンのマリネですね。これも大好きです。生ハムよりはサーモンのマリネの方が好きですね、美味しいです。どんなお酒にも合いそうですしね。これがあると幸せな気分になるのですわ〜

 

愛されるイクラ

誰でも回転寿司で食べたことがあるであろう寿司ネタにイクラがありますよね。そもそもいくらとは、サケの卵を指すのですが、どうして鮭とは全く違う名前が付いたのでしょうか。イクラの語源は実はロシア語の魚卵と言う意味なのです。そのため、少し日本語離れした語感を持っているのですね。

 

しかし、ロシア語でのイクラは鮭に限らず様々な魚の卵に対して何でもかんでもイクラというので、やはり意味としては日本語とはかなり違うようですね。
一昔前までは、いくらは非常に効果で、そのため日本では人造イクラが出回る程でした。ちなみにこの人造イクラは、本物のイクラと同じような味をしており、見分けや味での違いなど区別するのが難しかったみたいです。しかし、今ではロシア産のイクラの価格が暴落しており、輸入であれども天然ものを使用するようになっています。日本ではイクラはもちろん、寿司ネタとして軍艦に乗ったり、醤油漬けで食べられたり、ご飯の上に乗っけたりして食べられています。いくらは今では、本当に安い値段で手に入るようになり、食べられるようになりましたよね。

 

 

いくら通販【北海道から産地直送の評判のお店ならココです!】関連ページ

糠さんま
北海道のホタテ
北海道産ほたての産直ならこの通販店におまかせ!。口コミでも評判の良い安くて美味しくて鮮度抜群のホタテが届きますよ。
数の子
タラコ
北海道産のたらこをご紹介しております。虎杖浜や噴火湾産、釧路や檜山産などのタラコを産直通販でのお取り寄せは便利ですね。
うに